英語が話せるようにならない・・・

【英語が話せるようにならない・・・】

「中々、うちの子が英語を話せるように
ならないんです。どうすれば・・・」

真剣に英語をお子様に学ばせようと
思っているお母様からは本当に
この質問をよくされます。

絶対大丈夫。
英語は話せるようになります。
絶対に。

ただ、英語に触れる時間と方法は
正しくしないといけないですが。

横須賀バイリンガルスクールの英語の勉強方法は、
小学校低学年までは大量インプット。

英語表現を脳のひき出しに蓄えて、
その積み重ねから意味を類推して使えるようにするという、
言語の黄金期だけにできるインプットを重視しています。

ほぼ母国語方式と近い状態であればあるほど、
このインプットは効果的。

このインプット、目安の時間があるのをご存知ですか?

どのレベル、どの言語でも同じなのですが、
語学のレベルが1段階上にあがるには、
100時間必要なんです。

100時間ごとに1つレベルが上がっていくんです。

私も13年間英語を指導してきて、
この理論は正しいと実感していますし、
自分自身の英語力も100時間の単位であがってきました。

積み重ねなんですね。語学は。

英語が話せるようにならないと
あせると子どもたちはプレッシャーに感じます。

だから、お母様にはあせらないでほしいんです。

インプットを100時間していれば、
一歩確実に進んでいるんです、本当に。

ただし、インプットだけでは『話せる』
レベルに、ならないです。

話せるようになるには、
外国語としての勉強も用いていきます。

よく、英語は文法よりも会話を重視だ!
と言うようなことを言う人もいますが、国際社会で活躍して、
英語をネイティブ並に操っている人が
そんなことを言っているのは見たことありません。

勉強としての英語の重要性は、英語の達人ほど
認めている場合が多いし、国際社会に
出れば出るほど重要性は感じます。

横須賀バイリンガルスクールでは、
インプットとアウトプットの両方を重視しています。

両方がバランスよく学びの中に取り入れられて初めて、
『話せる』と実感することができると思います。

話せる!と実感したい方は、
横須賀バイリンガルスクールのレッスン
を一度試してみてください。

このような年齢に合った指導で
子供達をバイリンガルキッズへ育てます!