英語を嫌いになることはありますか?

英語を嫌いになることはありますか?

英語を嫌いになる子はほとんどいません

英語が嫌いになって退園した子は未だにいません。英語だけしか使えないと、どうしても自分の気持ちを全部表現することが出来ず、ストレスに感じてしまうお子さんもいるかもしれませんが、当スクールでは日本語と英語を使っているため、日本語でも自分を表現することが出来ます。各クラスに日本人の先生とアメリカ人の先生がいるので、どちらの言語でも先生たちはサポートしてくれます。

コミュニケーションのツールとしての言葉

英語や日本語ができるできないにかかわらず、どうやって相手に自分の気持ちを伝えるかが、大切だと信じています。グローバルな視野を持ち、コミュニケーション能力を備えた上で、言葉は強力な力を発揮するでしょう。子どもたちの世界を拡げてくれるような言葉を備えさせてあげたいと思っています。