こどもの学習習慣について

こどもの学習習慣について

【こどもの学習習慣について】

私は14年間学習塾で英語
を指導していました。

2歳~18歳までの英語を指導して、
英語科のヘッドティーチャーと教務部長も担いました。

14年もやっていると、送り出した生徒は1000人
は超えているかな… 1500人以上? 

1年間に直接関わるのは500人位かな。
毎年たくさんの子どもたちをみてきました。

これだけの生徒を見ていると、

『将来有望な子ども』

を見抜けるようになります。

「あっこの子は、最後の最後まで
 部活をやっていても、トップ高の入試に突破するな」

そんな風に思った子は、11月まで県選抜で野球をして、
見事慶応高校合格を果たしました。

あるいは、出会った中2の子は、不登校でした。

そこから、一緒に頑張って横浜国際高校合格。

『先生が大丈夫!って言ってくれたから』 

出会ったその瞬間に、本気で大丈夫だと
私は確信していました。

私のこの『確信』、何から来ているのかな
と考えたことがあります。

実は、簡単。

『勉強しなさいと言わないでも勉強する子』

になっているかどうか・・・

それだけです。

やはり学習習慣と自立。

これをつける事が、子どもたちの将来
を大きく左右します。

本当ですよ、これ。

そしてこれは、小さなころからコツコツ
積み上げていくことが大切。

学習習慣は最初は本当に簡単なことで
かまわないです。

1日10分からの習慣づけ。

この習慣づけをサポートしてあげる。
この習慣づけが成功したら、子どもたちは
自分たちの未来を自分で切り拓けると思います。

毎日コツコツ習慣づけ。

もちろん横須賀バイリンガルスクールでも、
年齢ごとに習慣づけを行っています。

たとえば、年長さんでは1日10分を5セット、
ドリルや英語、読書など一日の中に習慣
として
取り組めるようになっています。

1才のお子様は10分間の読み聞かせ。

1才だって、『言われなくても』できるようになります。

私が14年間先生をしてきて… 
どの高校に行ったとか、どんな大学に行ったとか… 

そういうことだけではなくて、一番彼ららしい道を選べて、
自分で未来を切り拓いていった子たちと
たくさん出会いました。

彼らは、世界に飛び出した後も、
本当にたくましくて。

横須賀バイリンガルスクールの子どもたちは、
将来そんな風に未来を切り拓いてくれる子どもたちになって
ほしいなと思っています。