「英語ということば」は世界を創るため

「英語ということば」は世界を創るため

【「英語ということば」は世界を創るため】

横須賀バイリンガルスクールに説明を
聞きにくる方と話していて、よくこんな会話になります。

『英語、書けなくてもいいんです。話せるようにしてあげたい。』

そういわれた時、私はいつも、

『うーん、それは出来ません』

と答えています。

横須賀バイリンガルスクールでは、
そのレベルの英語指導はしていません(笑)。

だってこれから英語を学ぶ子どもたちのゴールが
『話す』だけなんて、もったいないじゃないですか!

もっともっと出来ます。

書くことだって、
読むことだって、
話すことだって、
聴くことだって、

なんだって出来ます。

この『話すこと』偏重思考。

これ、多くの英語教室が原因ですね。ほんと。

実は、英会話教室レベルの話す事って
実はすごーーーく簡単で、お母さんの前で数単語だけ喋って、
英語をしゃべってる風に演出するってことができるんですね。

業界裏トークです(笑)。

そういうところがよく言うんです。

『英語はコミュニケーションが一番大切。話せればいいんです。』

ほんと、おいおいおい…って思います。

言葉って、コミュニケーション、
聴く、書く、話す、読むってそれだけに特化して
伸びていくものじゃないって、日本語にしてみたらわかりますよね…?
 

漢字書けるようにしたいといって、
一切日本語を話さないで漢字を書いていたらそれこそ、
間違えた漢字のプリントされたTシャツを着ている
外国人と同じですよね。

言葉は、単に他人との意思疎通するためだけの
ものではありません。

言葉は、自分の頭の中に、自分だけの世界
を創ることにあります。

もし、文字が無かったら私たちは自分が経験した
事だけで自分の世界を創るしかありません。

文字を通して初めて、見た事のない未来や世界、
行ったことのない外国を頭の中に描いて
『見る』ことができます。

深く思考するために、言語があるんです。

情報伝達の機能より、この思考するという
言葉の側面が本当はすごく大切だと思うんです。

だから私は、横須賀バイリンガルスクールに
通う子どもたちには、

「話すことが大切なんだ!」

なんていう大手の英会話教室の言い分を信じないで、

しっかりと『英語が使いこなせる英語の回路』を持てるレベル
まで英語を身につけさせてあげたいなと思っています。