こどもの内に身につける英語発音

【こどもの内に身につける英語発音】 英語は使わなくなると忘れちゃうから、 英語を始めるのはあとからでも…  という方がいます。 でもそれは”英語の知識”の面だけの問題で、 ”英語の発音”に関しては消失しないんです。 年齢が低いほど英語発音の獲得に 関する能力は高く吸収力も高いです。 そして、正確な英語の発音ができるということはまた、 その音を正確に聞き取れるということでもあります。 よく言われることですが、”R”と”L”の発音の 違いなどは大人になってから獲得するのは 難しいですよね。 また、日本語にない母音の発音、 聞き取りに関しては大人には不可能。 それができないからといって日本の学校 ではなんら困りはしないし、できるからといって それが受験に役立つわけではないんです。 そもそも英語の発音がきれいな先生自体が 小学校や中学校にはいないですからね。 しかし将来国際社会で活躍することになれば、 話は別。 非常に価値のある能力です。 それこそ2020年の東京オリンピック! そこで英語を話す機会たくさん増えますよね。 今、幼稚園や小学生の子どもたちは、 その時代に社会人や学生になる代です。 ボランティアや仕事で外国人と関わること、 たくさんあると思います。 今の時代ですら、インターネットによって世界 がこんなに小さくなりました。 英語の発音は子どもの内から 身につけないとだめです。 正しい英語の発音を身につけることを 幼少の頃からしっかり意識していくことが 重要になってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: こども英語 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>