横須賀市で1歳半から英語と日本語をバランスよく学ぶなら
横須賀バイリンガルスクールのプリスクール!横須賀中央駅から徒歩3分

代表: 0468-84-9367 [ 9:00〜20:00 ]
横須賀市大滝町2-6 ザ ・ タワー3階 [ アクセスマップ ]
Home  /  BLOG  /  YBSのバイリンガル・プリスクール
  • YBSのバイリンガル・プリスクール

    1歳児のYBSでの過ごし方

    YBSのプリスクールは何歳児から入園できる?

    横須賀バイリンガルスクールでは1歳6ヶ月から入園できます。 1歳児から日本人とアメリカ人の子どもがともに園での生活を送っています。

    YBSでの1歳児の一日の過ごし方をレポートしました!

     

    1日の始まりは英語でモーニングサークル

    クラスの園児が登園し終えたら、

    英語のネイティブの先生と一緒にモーニングサークル(朝の会)を行います。

    モーニングサークルでは、形や色など1歳児でも親しみやすいものを

    フラッシュカードなどを使って英語で学習します。

    そして、2~3曲英語の歌を先生と一緒に歌います。

    子どもたちは英語の歌が大好き!

     

     

    月齢が低くまだ歌うことが難しい子どもも、にこにこしながら 歌に合わせて体を動かし楽しんでいます。

    1ヵ月間毎朝繰り返し歌うことで、

    その月の最後には子どもたちが口ずさんでいるほどすぐに覚えてしまいます!

     

    元気にお外へお散歩

    YBSには園庭がないため

    お天気がいい日は、カートに乗って近くの公園までお散歩。

    子どもたちは公園でお砂遊びを楽しんでいます。 お外に行けない日は、室内で製作などの室内遊びを楽しんでいます。

     

     

    みんなで仲良くお弁当の時間

    お散歩から帰ってきたらお弁当の時間です。 YBSでは給食ではなくお弁当をお家から持ってきてもらっています。

    お弁当には日米の食文化の違いがみられ、興味深いです。

    子どもたちは先生のサポートを受けながらも、 自分で食べれるようにと頑張っています。

     

    午後はゆっくりお昼寝の時間

    お弁当の後は、お昼寝をします。 みんなで頭を並べすやすや眠っています。

    ベテランの先生たちの腕の中はとっても心地がいいのでしょう、

    なかなか寝つけない子も先生に抱っこされて、

    眠りにつきます。

     

    お迎えを待つ間の合同保育

    お昼寝から目を覚まし、おやつを食べたら、

    合同保育になり、他クラスとの交流の時間になります。

    少し上のお兄さん、お姉さんたちと過ごすことで

    1歳児の子どもたちはたくましくなっていくようです。

     

    日米の子どもたちが共に過ごす中で身につける英語力

    まだ母国語も確立してない1歳児の子どもたちは

    日米の壁も、言葉の壁もなく一緒に過ごす姿が見られます。

    また、1歳児の子どもたちは、

    先生や年上の子どもたちの会話から学習しています。

    例えば、友だちが転んでしまったときに

    「Are you ok?」と、自然と英語がでてきて

    先生たちが驚かされるほどです。

    モーニングサークルなどの英語のレッスンで学習したことよりも、

    日常の何気ない会話を覚えていきます。

     

    YBSで過ごしてきた子どもたちからは、

    言葉や文化の壁に恐れずに コミュニケーションをとっていけるような力強さを感じます。

    ここでの経験が、子どもたちの将来の可能性を

    広げるきっかけになることを願い、

    私たちは日々子どもたちと向き合っています。

     

     

     

     

  • news 子どもバイリンガル教育 YBSのバイリンガル・プリスクール 英語保育 英語学童保育

    横須賀バイリンガルブリッジが読売新聞の記事に掲載されました!

    YBSにはいつも、日米の子供たちの笑い声と共にたくさんの英語と日本語が溢れています。

    元気いっぱい友達と遊ぶ声。

    先生たちの掛け声や、日本語と英語の歌。

    レッスンで新しい言葉をリピートする声。

    そんな環境の中で子供たちは学び、一緒に成長しています。

    本日、7月11日、横須賀バイリンガルブリッジが読売新聞に取り上げられました。

    日米の子どもたち、スタッフが一緒に過ごし、学んでいるこの環境は、 きっと当たり前ではなくて、とてもスペシャルなこと。

    そんなことを改めて考えさえせてくれた記事です。

    IMG_0928

    『横須賀市中心市街地。タワーマンションの3階にある保育園「横須賀バイリンガルスクール(YBS)」」に一歩入ると、園児たちの元気な声が響く。「Mine」「Give me」「いいよ」「さよなら」。一般的な保育園とは違い、日本語と英語が入り交じる。

    保育園を運営する「横須賀バイリンガルブリッジ」の井上芙美社長(36)は当初、日本人2人、米国人1人の園児3人で保育園をスタートさせた。どちらの言語も自由に使わせるようになったきっかけは、プラスチック製のブロック玩具の取り合いで、園児たちが始めたけんかだった。

    友達と遊びながら自然と覚えた言葉で、言いたいことを言い合っている。かつて関わったインターナショナルスクールでは、無理やり英語を使わせる環境に違和感を感じていたこともあり、日本語と英語の両方を使った保育を開始。園の名称も現在の「横須賀バイリンガルスクール」に変更した。今では、1歳半から年齢別に5クラスあり、計約270人を35人の日本人の保育士や幼稚園教諭、外国人スタッフがシフト制で受け持っている。

    米海軍横須賀基地に近いこともあり、園児の内訳は米国人7割、日本人3割。日米の母親同士が買い物やキャラクター弁当の作り方イベントで交流を深め、基地内でしか自由がないと思っていた子育て世代の米国人の評判に。井上社長は「米国人は慎重だが、楽しいと思ったら行動は早い。半々くらいが理想だが」と苦笑いする。

    おもちゃで遊んだり、保育士に合わせて日本と米国の曲を歌ったり。語学レッスンもあるが、英語と日本語使って心から楽しめる場所を提供することで、園児はあまりストレスを感じることなく言葉を覚える。そしてある瞬間、園児の口からは母国語ではない言葉が飛び出す。井上社長自身も、米国人の園児が片付け最中に突然、「トレーが開かない」と日本で訴えてきて、驚かされたこともあった。

    英語と日本語をしゃべることができるようになった子供たちのために、9月には保育園の近くで、卒園生が通えるインターナショナルスクールの開設を予定している。米軍人の中には、いったん帰国しても、家族や自信の希望で再来日するケースがあり、バイリンガルスクールに通った子供たちの変える場所を作るという意味もある。

    将来は受け入れを高校生の年代まで引き上げ、世界各国の大学入試資格を取得できる教育プログラム「国際バカロレア」の導入を目指す。井上社長は「言葉は人と人をつなぐ道具。園児たちの手で両国の絆を深めてほしい」と期待し、保育園で育った子供たちが世界で活躍する日を指折り数えている。』

    読売新聞 2017年7月11日 記事

  • お知らせ news こども英語 子どもバイリンガル教育 YBSのバイリンガル・プリスクール

    楽しく集中して英語を学ぶ、YBSのサマースクール!

    「子供に英語を学ばせたいけど、幼稚園や小学校、他の習い事で忙しい…」

    「英会話教室に通っているけど、子供の英語力が伸びているのかわからない…」

    「英語を話せるようになってほしいけど、どこが自分の子供に合っているのかわからない…」

    そんな思いのママパパ、

    夏休みを使って、お子様の英語への興味を拡げてみませんか?

    14711418_1201403083251936_3884763021438911688_o

    YBSでは、英語を習得するために最も効果的な、
    英語を学ぶインプットの時間・英語を実践するアウトプットの時間・英語で体験する時間をバランス行う英語プログラムを行っています。

    YBSサマースクールは、そんなインプット・アウトプット・体験がぎゅっと詰まった1週間。アメリカ人の先生と、オールイングリッシュで学び、楽しみ、体験する英語の時間です。

    アフタープリスクール①

     もっと英語が好きになる!!YBSサマースクールのいいところ

    ・楽しい+学びが詰まった1週間

    ・楽しく学ぶ、YBSの英語教育!

    ・横須賀ならではの、グローバルな環境

    ・英語ができなくても安心!日本人スタッフもいるので、安心して通えます。

    ・他の幼稚園などからのお友達が増えるチャンス!

    DSC09077 (1)

    サマースクール概要

    YBSのサマースクールは全部で2セッション!

    各セッションごとのテーマに合わせ、英語を学び、英語で楽しみます!

     ●年少~年長コース:限定10名 最低開催人数5名

    ≪スケジュール≫

    セッション1 7月24日(月)25日(火)27日(木)28日(金)9時~13時

    テーマ“Under the sea”

    セッション2 7月31日(月)8月1日(火)3日(木)4日(金)9時~13時

    テーマ“Circus-Circus!”

    ※各セッション全日程参加が条件となります

    セッションは1のみ、2のみ、両方参加ももちろん大歓迎!

    アフタープリスクール④

    ≪タイムスケジュール≫

    9:00 モーニングサークル(レッスン) 朝の会

    10:00 アクティビティタイム

    11:15 ランチタイム

    12:00 レッスンタイム

    ≪料金≫

    1セッション 25,000円(税抜き)内部生価格:20,000円

    ≪場所≫

    横須賀バイリンガルスクールThe Tower

    横須賀市大滝町2-6 ザ・タワー横須賀中央 3F

    ≪持ち物≫

    お弁当・水筒・着替え・筆記用具

    アフタープリスクール③

    ≪お申し込み方法≫

    Step1:まずはお問い合わせください!

    お問い合わせはこちら

    Step2:カウンセリングのご予約

    Step3:カウンセリング・サマースクール申し込み

    Step4:参加費のお支払い

    Step5:サマースクールスタート!

    Roots_170418_0004

    皆様のご参加お待ちしております!

  • YBSのバイリンガル・プリスクール

    出来る→楽しい→好き

    こんにちは☆
    横須賀バイリンガルスクールです。


    ある小学生のお母様の悩みについて。


    「文章題が苦手」


    こんな相談を最近受けました。


    算数の文章題、国語の読解、
    これは難関とも言えるポイント。


    ここをどうクリアするかが大変なんですよね。


    算数の文章題は確かに大切です。
    でももっと大切なのは計算力。


    そしてそれよりももっと大切なのは、
    「好き」「楽しい」と思えること。


    計算がスラスラ出来てくれば算数は楽しくなります。
    そして得意科目となります。


    得意科目になったとき、文章題を特訓します。


    これで十分です。


    計算が出来ない、分からない、
    そんなときに文章題まで叩き込む必要はありません。


    まだまだ大丈夫です。


    焦らずに1つずつ出来るようにしていきます☆

    IMG_4314

  • YBSのバイリンガル・プリスクール

    英語”で”学ぼう

    こんにちは☆
    横須賀バイリンガルスクールです。


    横須賀バイリンガルスクールには現在、
    小学生以上を対象としたマスイングリッシュ
    というコースがございます。


    「英語を学ぶ」ではなく「英語で学ぶ」
    というテーマのもと算数(数字)という
    世界共通である言葉を使っているので、


    親しみやすく頭に入って
    きやすいというのが特徴です。


    簡単な算数の問題を解きながら、
    英語でかかれた質問を理解、読解できるようにする。


    ただ、問題を解くのではなく、
    質問の意味をしっかりと理解してから次に進みます。


    一人ひとりが自分ペースに沿って進めていきます。


    ペースは様々、お子様に合ったペースで
    進むことが出来るので、ついていけない
    ということもありません。


    子供たちは問題を解くのが大好きです。


    算数で頭を柔らかくしながら英語も学べる、
    それがマスイングリッシュです☆

    big

     

join us!

生徒の7割がアメリカ人!
毎日留学体験できる資沢な保育環境

Yokosuka Bilingual School 電話0468-84-9367

受付 : 平日9〜20時 土日祝メール

カウンセリングで
お気軽にご相談ください!

保護者様対象のご説明ですが、お子様の同伴も可能です。
子育てや保育に関するご心配や期待もお問かせください。

英語が話せて外国人ともふれあえる!子どもの幼稚園後の習い事に最適なアフタープリスクール