グローバル教育に向けて

【グローバル教育に向けて】 昨年度、スーパーグローバルスクールという 認定の選考が高等教育(高校)で始まりました。 今、選考中ですかね。 数少ない枠に、246校もの応募があったと聞いています。 国が、たくさんの予算を使って、急速にグローバル化 が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、 コミュニケーション能力、問題解決力等の 国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できる グローバル・リーダーを高等学校段階から育成するという 目的のために動き始めています。 グローバルって教育においてすごく重要な キーワードになってきています。 さて、グローバルといえば…  皆さんにとってのグローバルってなんですか? 私は、グローバルってたくさんの意味があると思うんですが、 その中でも一番大切なのは世界各国の人たちと集まった中で 『言葉』だけではなく『人として』垣根を とりはらうことだと思っています。 言葉以外でも日本人は世界に飛び出したときに 萎縮しちゃうことってたくさんあると思うんです。 私もたくさん経験あります。 だって世界の人って体は大きいし、 声は大きいし、自信たっぷりだし。 そんな時にグローバルになるのって、 何が大切かって、自分の国に誇りを持つこと。 日本大好きでいること。 それが、すごく大切なことなんだと思うんです。 グローバル。 これから大切な課題になってくると思います。 高校が多額な費用をかけて 構築していくグローバルハイスクール。 横須賀バイリンガルスクールは、高校がこれだけ多額の 費用をかけないと出来ないことを実はたくさんやってます! スーパーグローバルスクールのニュースを見ていたんですが、 こういった高校に飛び立っていくような子どもたちを 横須賀バイリンガルスクールからどんどん輩出したいなと 改めて思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 子どもバイリンガル教育 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>